大阪でバーベキューレンタルをお探しなら「BBQなう」にお任せください!行きも帰りも手ぶらでらくちん♪|【淀川 西中島南方 服部緑地 大泉緑地 久宝寺緑地】

受付時間:10:00~19:00 06-6567-8329
HOMEBBQブログアメリカと日本のBBQは別物だった!

アメリカと日本のBBQは別物だった!

家族や友人とワイワイ楽しむバーベキューは、日本でも人気のアウトドアですよね。そんなバーベキューですが、発祥地はアメリカということをご存知ですか?そして本場・アメリカのバーベキューは日本のものとは見た目や味も違うのです!この記事ではアメリカのバーベキュースタイルや、日本との違いについて紹介します。

アメリカはBBQ発祥の地

バーベキューは、アメリカのテキサス州が発祥地です。16世紀にスペイン人がアメリカ大陸に渡り、原住民であるネイティブアメリカンに炭火で豚を丸焼きにする方法を教えたところ、原住民が低温で長時間かけて肉を燻製させる方法とミックスさせたことから現在のアメリカのバーベキュースタイルになったと言われています。

日本人からするとバーベキューは「食材を焼いてタレを付けて食べる」というシンプルなものに思われますが、アメリカ人にとっては地域や各家庭によって多様性が出るソウルフードなのです。バーベキューの味を競うコンテストが町や州で開催され、さらに「初対面の人に政治、宗教、バーベキューの話をしてはいけない」というジョークがあるほど、アメリカの人々はバーベキューに深い愛とこだわりを持っています。

バーベキューを仕切る人のことを「ピットマスター」と呼びますが、バーベキューは火を管理したりコンロを動かしたりと力仕事が多いので、アメリカではお父さんが務めることが多いです。休日や平日でもピットマスター(お父さん)が早く帰ってきた日に家族みんなでバーベキューをすることは、アメリカ定番の過ごし方です。

アメリカでBBQが人気の理由

アメリカでは日常的にバーベキューが行われており、一家に一台バーベキューグリルやバーベキューコンロを持っていると言っても過言ではありません。持ち運びできる器具だけではなく、庭に固定式のバーベキュー・ピットなどの専用設備がある家も珍しくないです。

ここまでアメリカでバーベキューが人気になった理由として、アメリカは土地が広く、庭付きの一軒家を買いやすいということが関係しています。バーベキューは大人数で楽しめるので近所の人や友達を招くにはピッタリですし、一緒に食事をしながらコミュニケーションを取ることができるのでさらにつながりも深まります。

庭付きの家を持ちやすいこと、重要なコミュニケーションツールになること、アメリカ人の気さくで話好きな性格などによって、バーベキューはアメリカでとてもポピュラーな食事スタイルになりました。

日本とアメリカの調理法の違い

日本とアメリカはバーベキューでの調理方法が大きく異なります。日本ではスライスされたお肉や野菜などを炭火で次々と高温で焼くスタイルが一般的ですが、これはアメリカでは「コリアン・バーベキュー(韓国式バーベキュー)」と言わなければ伝わらないこともあります。

一方アメリカでは薪を使って、直火を避けてじっくり低温で食材に火を通していきます。焼いたらすぐに食べる日本式のバーベキューは大体2~3時間で食事が終わるかと思いますが、アメリカ式だと食べるまでに4~6時間ほどかかるので夕飯のバーベキューを朝から準備し始めることも普通です。

アメリカン・スタイルは牛肉が必須

アメリカのバーベキューで使う食材は、基本的に 牛肉です。地域によってターキーやラムなどを使うところもありますが、一般的には日本人が好むようなカルビやロースなどの柔らかく 脂が多い 部分 ではなく、牛のショートリブやブリスケットなどの赤身 を大きな塊のまま使って調理します。

赤身 の牛肉を低温でじっくりスモークすることで、旨味が ギュッと 濃縮 された食べ応え抜群の料理に仕上がります。

バーベキューの味付け

日本ではお肉を焼いた後に焼き肉のタレや塩コショウ、レモン汁などをつけて食べることが多いですが、アメリカのバーベキューではしっかり下味をつけたりバーベキューソースをたっぷりつけたりして食べます。

地域や家庭によって違いやこだわりがありますが、ここではアメリカで一般的に人気がある味付けを紹介します。

下味

アメリカのバーベキューでは、お肉の下味としてハーブやスパイスなどのシーズニングを焼く 前にすり 込みます。またお酢をベースにしたマリネソースや、ウェットラブと呼ばれる水・油・ヨーグルトとスパイス 類を合わせて 作ったソースなどに漬け込んで 下味をつけることもあります。

バーベキューソース

焼き 上がったお肉につけるバーベキューソースは、ガーリックパウダーや チリパウダーなどの 香辛料 やハチ ミツが 入った 甘辛 いソースが一般的です。本場アメリカでは、さらにハニーマスタードを加えて食べるのも好まれています。濃いめの味付けなので、ビールもどんどん進みますよ!

同じ「バーベキュー」でも、アメリカと日本では作り方や食材、バーベキューに対する考え方まで大きく違うということが分かりました。次のバーベキューでは、本場のアメリカン・スタイルでバーベキューを楽しんでみてはいかがですか?

Copyright 大阪のレンタルバーベキューならBBQなう