大阪でバーベキューレンタルをお探しなら「BBQなう」にお任せください!行きも帰りも手ぶらでらくちん♪|【淀川 西中島南方 服部緑地 大泉緑地 久宝寺緑地】

受付時間:10:00~20:00 06-6567-8329
HOMEBBQブログ内側から紫外線対策!

内側から紫外線対策!

みなさんこんにちは。日に日に暑くなり紫外線が気になる季節へと突入してきていますね。今回は紫外線対策についてご紹介いたします!
夏になると日焼け止めや帽子、日傘などでみなさんある程度は日焼け対策をされていることかと思います。ただし、日焼け止めは肌にカバーをかけることにより日焼けする時間を遅らせているだけであり、汗で流れてしまったり、部分的に塗り漏れたりするため完全に日焼けを防ぐことは難しいのです。そこで今回は“内側からの日焼け対策“についてご紹介いたします。“内側から”というだけあって、食事で行う日焼け対策です。この場合、“紫外線をカット”するのではなく、“紫外線によって受けたダメージを回復させる”という効果となります。体の内側からも紫外線対策をしてこの夏を乗り越えましょう!

日焼けに効果的な栄養素とは!?

日焼けしにくくなったり、また日焼けをしてしまった際に日焼けケアとして効果が高い栄養素として、ビタミンAビタミンCビタミンEのビタミンACE(エース)があげられます。ではこちらの栄養素について詳しくご説明しましょう。

ビタミンA

皮膚の健康を保つ効果があります。また、にんじんなどの緑黄色野菜に含まれるβカロチン体内でビタミンAに変わるため、多くの食材から摂取することができます。

ビタミンC

シミの元となるメラニンの発生を抑え、肌の色素沈着を防いでくれます。コラーゲンを増やして肌の老化を抑える作用もあり、すでにあるシミの改善にも効果が期待できます。

ビタミンE

血行を良くし、ハリのある肌を作るほか、新陳代謝がよくなり細胞の生まれ変わりを促進してくれます。ビタミンCと一緒に摂取すると、それぞれの効果が上がります。
また、リコピンβカロテンも日焼けに効果的な栄養素として知られています。

リコピン

リコピンにはとても強力な抗酸化作用があり、紫外線によるシミやシワの原因となる活性酸素を除去する働きがあります。また、リコピンはメラニン色素を活発にする“チロシナーゼ”という成分を抑えてくれる役割があります。

βカロテン

βカロテンには免疫機能をサポートしたり、活性酸素や過酸化脂質を除去して細胞を活性化させる働きがあり、アンチエイジング効果があるとされています。
日焼けに効果的な栄養素についてご紹介しましたが、では次にこちらの栄養素を含んだ食材をご紹介します。また、食材によっては日焼け予防に効果的な時間帯があります。また、食べる時間帯を間違えると逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう。

朝食に食べたい食べ物

まずは朝や外出前に食べることがおすすめの食材をご紹介します。

トマト

ビタミンだけでなくリコピンも含まれています!リコピンは朝に最も体に吸収されやすいといわれているため、朝食の際にトマトをプラスして食べるとよいでしょう。

バナナ

ビタミンCが豊富に含まれており、腹持ちがよくすぐにエネルギーとなるため、朝食はもちろんのこと、おやつや軽食としてもおすすめです。バナナをあえて朝食におすすめする理由としては、食物繊維やオリゴ糖が含まれているため便通を良くしてくれるためです。便秘で肌の代謝が落ちると紫外線のダメージが受けやすくなるため、便秘しやすい人は特に朝にバナナを食べて便通を促されるとよいでしょう。

アボカド

アボカドにはビタミンCEやβカロテン、たんぱく質が含まれています。βカロテンは体内でビタミンAへと変わるため、ビタミンACEすべてを摂取できることになります。また、脂質が多いアボカドですが、血液をサラサラにするリノレン酸やコレステロールを下げるオレイン酸が主なのでダイエット中でも安心して食べることができます。

その他、日焼け対策のために朝食でフルーツを食べるならいちごやりんごがおすすめです。

いちご

ビタミンA,ビタミンC、ビタミンEを多く含んでいる食べ物がいちごです。紫外線をあびるとメラニンの生成や肌の老化を促進させてしまいますが、いちごはそれを防いでくれます。また、いちごに含まれているビタミンCには優れた抗酸化作用と過酸化脂質の生成を抑えてくれる働きがあるので、日焼けなどが原因で起こるシミやシワなどの肌トラブルを防ぐにはとても効果的で、日焼け対策だけでなく美肌効果も期待できます。ただし、日焼け対策としていちごを食べる際には加熱せずに必ず生で食べるようにしましょう。ビタミンCは熱にも水にも弱いため、洗う時にもヘタをとらないで洗い、できるだけ新鮮な状態で食べることが大事です。また、ビタミンCは食後の方が吸収されやすいため、食後にデザートとして食べるのもよいでしょう。

夜に食べたい食べ物

では次に、日焼けしてしまった際にお肌のアフターケアとして夜に食べていただきたいおすすめの食べ物をご紹介します。日焼けしてしまったと感じられた場合に、少しでも日焼けによるダメージを緩和してくれる食べ物としては次のようなものがあります。

柑橘類

ただし、レモンやオレンジ、グレープフルーツといった柑橘類には紫外線を吸収しやすいソラレンという物質が含まれているため、摂取される場合は時間帯に注意し、夜に食べるようにしましょう。

かぼちゃ

かぼちゃにはビタミンACEがまんべんなく豊富に含まれています。かぼちゃのビタミンは油に溶ける脂溶性であり、油と一緒に食べられると吸収率が上がります。脂溶性ビタミンは、水溶性ビタミンのようにすぐ排泄されるのではなく体に蓄積されるという特徴があるので、水溶性ビタミンと併用して摂りたい栄養素です。炒めたり、サラダにしてオリーブオイルなどをかけて食べたりするといいでしょう。

トマト

先ほど朝に食べることをおすすめしておりましたが、実は夕食時に食べることもおすすめです。トマトのリコピンは加工したり、加熱することで含有量が高まります。トマトのリコピンも脂溶性なので、油と一緒に食べられると吸収率があがります、日焼けされた夜にはトマトソースパスタやミネストローネなど、トマトを使った料理を夕食にプラスされるとよいでしょう。

日焼けを悪化させる食べ物

では反対に、日焼けを悪化させてしまう食べ物についてご紹介しましょう。ではまず、日焼けを悪化させてしまう理由から説明していきます。
日焼けを悪化させる物質としてはソラレン(ソラーゲン)があります。ソラレンには“光毒性“(ひかりどくせい)があり、紫外線の吸収を促進する作用があります。ソラレンは摂取された後、約2時間後に血中の濃度がピークを迎え、消化されるまで体内に約8時間とどまります。この状態で紫外線を浴びてしまうと身体に紫外線が蓄積され、肌を日焼けしやすい状態にしてしまいます。溜まったエネルギーを皮膚の中で放出する際に、皮膚にダメージがかかり、“シミ”や“しわ”の原因につながってしまうのです。
そのため、特に日焼けしそうな外出前の朝や日中には食べることを控えていただくようにすることをオススメします。ただし、オレンジやレモンにはビタミンCも含まれているため、シミやしわ対策として夜に食べていただく分には問題ありません。

いかがでしたでしょうか。食べ物で内側から日焼け対策を徹底して、今年の夏は日差しに負けず、日焼けのダメージを回復させながら夏を満喫してください。

Copyright 大阪のレンタルバーベキューならBBQなう