大阪でバーベキューレンタルをお探しなら「BBQなう」にお任せください!行きも帰りも手ぶらでらくちん♪|【淀川 西中島南方 服部緑地 大泉緑地 久宝寺緑地】

受付時間:10:00~20:00 06-6567-8329
HOMEBBQブログ熱中症の症状・原因とは?予防法や対処法も紹介!

熱中症の症状・原因とは?予防法や対処法も紹介!

夏は屋外でのレジャーが楽しい季節ですが、高温多湿な環境に長時間いることで症状が起きる「熱中症」には注意が必要です。毎年多くの発症者が出ていますが、中には重症化する人もいるので決して甘く見てはいけません。

また近年では、真夏だけではなく梅雨が明ける前から発症する人も増えています。この記事では熱中症の症状や原因、効果的な予防方法からいざという時の対処法まで紹介するので、レジャーに出かける前の参考にしてみてくださいね。

熱中症の症状とは?

熱中症の主な症状には、めまい、頭痛、だるさ、吐き気、ほてり、体温の上昇などが挙げられます。「こむら返り」と言われる腕や足の筋肉がつる症状や筋肉痛、筋肉のけいれんが起こることもあります。他にも汗をたくさんかいている、または全くかいていないなど汗のかき方に異常が出ることもあります。

呼びかけに反応しない、返答がおかしいなどの意識障害が起こっている場合は重度の熱中症を発症しています。またまっすぐ歩けない、自分で水分補給ができないなどの状態であれば、早急に医療機関を受診するようにしてください。

熱中症は手当が遅れると重症化しやすく、命に関わります。誰にでも起こり得ますが、特に乳幼児や高齢者は重症化しやすいので注意が必要です。

熱中症になる原因は?

熱中症は汗をかくことによって体内の水分や塩分が失われたり、体温調節機能が乱れて体内に熱がこもって体温が上がったりすることで発症します。

高温多湿の環境に長くいたり、激しい運動をしたりすることで引き起こされますが、睡眠不足や二日酔い、薬の副作用、皮膚疾患、肥満などが原因になることもあります。

また「熱中症=屋外で発症する」というイメージですが、条件によって室内や夜間、曇りの日などにも起こることがあるので注意が必要です。

熱中症を予防する方法

手当てが遅れて重症化すると最悪の場合死に至る可能性もある熱中症は、しっかり予防対策をしてかからないようにすることが大切です。暑さが厳しくなる季節に、熱中症にならないために意識したいポイントを紹介します。

こまめに水分補給する

汗をかくことは体の熱を逃がし、体温が上がりすぎないよう調節するための大切な機能です。暑いと汗がたくさん出て体内の水分と塩分が失われるので、しっかり水分補給をするようにしましょう。「のどが渇いた」と感じなくても、こまめに水分補給することが熱中症予防につながります。

飲み物は経口補水液や、少し薄めたスポーツドリンクなどがベストです。アルコール類やカフェインを含むお茶、コーヒーなどは利尿作用があるのでおすすめできません。

通気性の良い服を着る

暑い日も涼しく 過ご すために、通気性が良く汗をよく吸う素材 の衣服 を選ぶ ようにしま
しょう。首元がつまった服は熱がこもるので、ゆったりした服の方がおすすめです。

「暑いなら服を着なければ良い!」と思われるかもしれませんが、服には汗を吸って 蒸発させたり直射日光の熱から肌を守ったりする大切な働きがあります。

涼しい場所で休憩しながら活動する

屋外で 活動する場合は、こまめに日陰やエアコンが効いた部屋などでの休憩 を挟むようにしましょう。

また熱中症は屋外だけではなく室内で日常生活 をしている時も起こる可能性があるので、家の中でも風通しに気を付けたり、エアコンを使ったりして室温を調整しましょう。

「熱中症かな?」と思った時の対処法

熱中症の症状が出た場合は、早めの対処が重要です。ここでは症状が軽く、自分でケアできる場合の対処法を紹介します。もし激しい頭痛や嘔吐、高熱、意識障害、けいれんなどが見られる場合はすぐに医療機関を受診してください。

衣服をゆるめて体の熱を下げる

熱中症の症状が出たらクーラーや 扇風 機などがある涼しい場 所に移動し、 服の襟元 をゆるめたりベルトを取ったり、衣服 を脱ぐなどして体の熱を逃がすようにしましょう。濡れタオルや 氷嚢 などで、首筋やわき下、足の 付け根など大きな動脈が通っている場所を冷やすのも効果的です。

水分・塩分を補給する

体力を回復 させるために、経口補水液や薄めたスポーツドリンク、食塩水などで水分・塩分を補給することも大切です。意識がしっかりした状態なら、たくさん水分を飲ませるようにしましょう。しかし意識が朦朧 としている、応答がない、嘔吐している状態で口から水分を 摂取 するのは水分が気道に入る可能性があり大変危険 なので、病院 で点滴 などの 適切な処置を行ってもらうことが必要です。

熱中症は屋外だけではなく、室内にいるときも発症することがあります。自分では気づかないう ちに脱水状態になることもあるので、おおよそ25°C以上の環境で過ご す時にはこまめに水分補給をするなどして対策することが大切です。「熱中症かな?」と感じたら無理せず、すぐに体を休めるようにしてくださいね。

Copyright 大阪のレンタルバーベキューならBBQなう