大阪でバーベキューレンタルをお探しなら「BBQなう」にお任せください!行きも帰りも手ぶらでらくちん♪|【淀川 西中島南方 服部緑地 大泉緑地 久宝寺緑地】

受付時間:10:00~20:00 06-6567-8329
HOMEBBQブログ紫外線対策は春から

紫外線対策は春から

春になりポカポカ暖かくなってくると、お出かけする機会も増えますよね。しかし同時に注意しなければならないのが、春先に急激に増加する紫外線です。「春の紫外線が夏の紫外線よりも怖い」という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

この記事では春に紫外線の影響を受けやすい理由や、春から始めたい紫外線対策などを紹介します。美しい素肌をキープするために、是非参考にしてみてください♡

春に紫外線の影響を受けやすい理由とは

「春の紫外線が一番危険だ」という言葉を耳にすることも増えてきましたが、「なぜ春の紫外線が怖いのか」ということまでは具体的に知らない人も、まだまだ多いのではないでしょうか。ここでは春に紫外線の影響を受けやすいと言われる理由について紹介します。

実は春と真夏の紫外線量はほとんど同じ

紫外線には、UV-AとUV-Bの2種類があります。主に肌の表面にダメージを与え、シミやソバカスの原因になるUV-Bはレジャー紫外線とも呼ばれ、真夏に最も量が多くなります。一方で生活紫外線とも呼ばれるUV-Aは春先の4~5月から急激に増え始め、その量は真夏と変わらないほどです。UV-Aはジワジワと肌の深部にダメージを与え、ハリや弾力のもとになる細胞組織を破壊してしまいます。「春になると毎年肌荒れしてしまう 」という…方は、実はUV-Aが肌の赤みやかゆみを引き起こしているのかもしれません。

乾燥している肌は紫外線のダメージを受けやすい

冬に受けた乾燥のダメージが残っている春の肌は、保湿機能やバリア機能が落ちているので刺激に敏感な上に日焼けしやすい状態になっています。この状態で日焼けしてしまうと、紫外線によってさらに肌が乾燥するという悪循環に陥ります。春先は日焼け対策と同時に、なるべく肌に刺激を与えない保湿ケアをすることも大変重要なポイントです。

春から始めたい紫外線対策

強い紫外線のダメージを受けやすい春の肌は、紫外線対策をして影響を受けにくくすることが大切です。今年はしっかり春から紫外線対策を始めて、健やかな肌を守りましょう♪

日焼け止めを使い分ける

「夏にしか日焼け止めを使わない」という人もいるかもしれませんが、春もしっかり日焼け止めを塗って紫外線対策をしましょう。

日焼け止めのパッケージでよく「SPF」「PA」という表示を見かけますよね。「SPF」はUV-Bを防ぐ効果を示す指標で、1~50の数字で表されます。数字の大きさはUV-Bをどれくらいの時間防止できるかを表しており、大きければ大きいほど防御効果が高いということです。春に気を付けたいUV-Aを防ぐ指標は「PA」です。四段階の「+」マークで表示され、+が多いほど防御効果が高いことを示しています。

SPFやPAの数字は大きければ大きいほど「良いもの」「効果があるもの」というわけではありません。数値の高いものは、それだけ肌への負担も大きくなります。普段使いはSPF15~30、PS++くらいのもの、屋外で長時間活動するときはSPF50、PS+++のものを塗るなど、シーンに応じて使い分けることをオススメします。

また日焼け止めは汗や皮脂、摩擦で落ちてしまうので、2時間おきぐらいに塗りなおすことで、紫外線防止効果をしっかり持続させることができますよ。

徹底した保湿ケアをする

先述したように春先の肌は、冬に受けた乾燥ダメージによって敏感で日焼けしやすい状態です。またうっかり日焼けしてしまった後も肌が乾燥しデリケートな状態になっているので、保湿ケアで水分を補うことが大切です。お好みのテクスチャーでOKなので、保湿力の高いアイテムでしっかりケアするようにしましょう。

入浴・洗顔時は、乾燥する原因になるので熱いお湯は控え、たっぷりの泡で優しく 極力こすらないように洗ってください。また入浴・洗顔後はお肌の水分量がどんどん減少していくので、できるだけ早く保湿するようにします。

ファッションで日焼け対策をする

日焼け止めを塗ったり保湿したりするケアも大切ですが、屋外で活動する場合 はファッションで日焼け対策することも重要なポイントです。特に首や腕はうっかり日焼けしやすいので、しっかりガードしてくださいね!

また目が紫外線を受けると、脳が防衛反応でメラニン色素を出すように体に働きかけるので、全身の日焼けを促進してしまいます。他にもドライアイや翼状片など、様々な眼病の原因にもなるので、サングラスやUVカットメガネなどで目の日焼け対策も忘れずに行いましょう。

食事で日焼け対策をする

外からの日焼け対策だけではなく、食事によって栄養素を補給し、内側からの日焼け対策も取り入れてみてはいかがでしょうか?

レバーやうなぎ、あん肝、チーズ、卵類などに含まれている「ビタミンA」は、お肌のターンオーバーを促す作用 があります。「ビタミンC」には、肌が受けた紫外線ダメージの回復を助ける作用 があります。ビタミンCはパプリカ、ブロッコリー、キウイフルーツ、レモンなどに多く含まれている栄養素です。乾燥を防ぎ、アンチエイジング効果も期待できる「アスタキサンチン」は、サーモンやエビ 、カニなどに多く含まれている現在注目度が高い成分です。

ジワジワと肌の深部にまで到達しお肌の老化を招くUV-B紫外線は、実は春も真夏とほとんど変わらない量が降り注いでいます。美容だけでなく健康面にも影響がある紫外線は、春先からしっかり対策しましょう♪

Copyright 大阪のレンタルバーベキューならBBQなう