大阪でバーベキューレンタルをお探しなら「BBQなう」にお任せください!行きも帰りも手ぶらでらくちん♪|【淀川 西中島南方 服部緑地 大泉緑地 久宝寺緑地】

受付時間:10:00~20:00 06-6567-8329
HOMEBBQブログBBQでうっかり服を汚したときの応急処置

BBQでうっかり服を汚したときの応急処置

バーベキューをしていると、洋服にうっかり食べこぼしや飲みこぼしなどでシミを作ってしまうこともありますよね。洋服にシミを残さないためには、早めの処置がとても大切です。
この記事では、外で洋服を汚してしまったときの応急処置法を紹介します。

シミは時間の経過とともに落ちにくくなる!

洋服についてしまったシミは、時間が経つにつれて汚れが繊維の奥まで染み込んでしまいます。そして定着してしまった汚れは、時間が経過するほどきれいに落とすことが難しくなってしまうのです。時間が経った頑固なシミは、後日クリーニング店に持っていっても落ちない可能性もあります。
洋服にシミを残さないためには「家に帰ってから丁寧にシミ抜きをすればいいか」と思うのではなく、汚れに気付いたらできるだけ早く応急処置をすることがとても重要です。

シミのタイプに合わせた処置が大切

服にできたシミに気付いてしまうと、その後のテンションがなかなか上がらなくなりますよね。できる限り早く処置をしてシミが残らないようにしたいところですが、実はシミにもタイプがあります。タイプは「水溶性のシミ」と「油性のシミ」に分けられますが、シミを残さないためには慌てて拭く前にシミのタイプを見極めて正しく対処することが大切です。

水溶性のシミの場合

水溶性のシミは、水で溶けやすいもので付いてしまった汚れを指します。たとえば、しょうゆ、ジュース、コーヒー、紅茶、ワイン、血液などが当てはまります。

水溶性のシミを落とすときは、水、ティッシュペーパーやハンカチなどの拭き取れるものを用意しましょう。

応急処置の方法は、まずティッシュなどを使って、服についてしまったジュースなどの水分を吸水します。水分をしっかり取ったら乾いたティッシュや布などをシミの裏側にあて、表側から水で湿らせたティッシュなどを使ってシミの部分をポンポンと叩いていきます。
このときシミをこするのではなく、シミを含んだ水分を移し取るように優しく押さえるイメージで行うことがポイントです。
何回か繰り返しているうちに、シミが目立たなくなってくるはずですよ。

油性のシミの場合

油性のシミは、油を含んだ食べ物などをこぼしたときに付いてしまった汚れを指します。たとえば、ドレッシング、カレー、チョコレート、アイスなどです。口紅やファンデーションなども当てはまります。

油性のシミを落とすときは、ハンドソープや中性洗剤などの石鹸類、水、ティッシュペーパーやハンカチなどの拭き取れるものを用意しましょう。

応急処置の方法ですが、まず食べ物がまだ服に付いている場合は取ってください。そして、水溶性のシミの時と同じように乾いたティッシュや布などをシミの裏側にあて、表側から少しの水と石鹸類をつけたティッシュを使ってシミの部分をポンポンと叩きましょう。
油性のシミもこすらず、油性のシミを吸い取るようなイメージで行ってくださいね。
何回か繰り返したら水で湿らせた別のティッシュなどを使って、シミの部分についた石鹸の成分が残らないように優しくポンポンと叩きながら落としていきます。
水分が残っているとシミが広がる可能性があるので、最後は乾いたティッシュなどをつかってしっかり水分を吸い取ってくださいね。

応急処置で注意したいポイント

水溶性のシミと油性のシミのどちらにも共通して注意したいポイントは、ティッシュに水をつけすぎないことです。水分が多いと、逆にシミが広範囲に広がりやすくなってしまうので気を付けてくださいね。
また、シミ抜きはシミの周りから中心部に向かって行うことも大切です。シミの中心から始めると輪ジミになってしまう可能性があるので、シミ抜きは必ず外側から中心に向かって進めましょう。
応急処置をした服は家に帰ったらできるだけ早く洗って、残っている汚れを落とすようにしてくださいね。

シミに強い服の素材は?

素材によって、シミ抜きをするときに洋服にかかるダメージが変わります。生地に負担がかからないようにするためには、素材をしっかりチェックしてシミに対処することが大切です。

綿

綿は汚れやすいタオルやハンカチ、下着などにもよく使われる素材で、シミが落ちやすい素材と言えます。しかし、色が濃い衣類は色落ちや色移りしてしまう可能性があるので、シミ抜きをする前に洋服の目立たない部分で一度テストしてみることをおすすめします。

ポリエステル

ポリエステルは摩擦や熱にも強く比較的扱いやすい素材なので、シミ抜きでのダメージも少ないと言えるでしょう。しかし、ポリエステルでも取り扱いがデリケート素材になっている場合があるので、シミ抜きをする前に洗濯表示を必ずチェックするようにしてください。

絹、羊毛などのデリケート素材

絹や羊毛などのデリケート素材は洗濯不可の場合があるので、シミができてしまった場合は自分でシミ抜きせずクリーニング店に持ち込むようにしましょう。
洗濯表示が水洗い可になっていれば自分でシミ抜きができますが、デリケートな素材なので色落ちや生地へのダメージがないか必ず目立たない部分でテストしてから行いましょう。


屋外で行うバーベキューは、どうしても洋服が汚れたりシミがついたりする可能性が高くなります。服が汚れていることに気付いたら、シミの種類を判断してすぐに応急処置をするようにしましょう!

Copyright 大阪のレンタルバーベキューならBBQなう