大阪でバーベキューレンタルをお探しなら「BBQなう」にお任せください!行きも帰りも手ぶらでらくちん♪|【淀川 西中島南方 服部緑地 大泉緑地 久宝寺緑地】

受付時間:10:00~19:00 06-6567-8329
HOMEBBQブログBBQには鉄板がおすすめ!選び方やお手入れ方法も紹介

BBQには鉄板がおすすめ!選び方やお手入れ方法も紹介

バーベキューといえば網の上で食材を焼くイメージの人も多いと思いますが、実は「鉄板」がとっても便利なことを知っていますか?鉄板は家族や友達とワイワイ楽しむバーベキューでも、最近流行っているソロキャンプでも大活躍するアイテムです。
今回は、バーベキューで鉄板がおすすめな理由や選ぶときのポイント、正しいお手入れ方法について紹介します!

BBQで鉄板がおすすめな理由

鉄板はバーベキューで調理をするときに欠かせないアイテムとして、じわじわ注目を集めています。まずは、バーベキューで鉄板がおすすめな理由をチェックしてみましょう。

丈夫で保温性が抜群

鉄板は焼き網と比べて、とても丈夫です。安い焼き網などは簡単に歪んでしまうので、頻繁に買い直さないといけないことも。一方、鉄板は頑丈で歪みにくく、ちょっと雑に扱ってしまってもタフなところが大きな魅力と言えます。
また、鉄板は蓄熱性が高く、熱をしっかりため込んでくれるので保温性が抜群です。食材をムラなく均一に焼き上げ、じっくり火が入ることで分厚いお肉もふっくらジューシーに仕上げることができますよ。

網では焼けない食材も焼ける

鉄板を使うと、網では焼けない食材も調理することができます。たとえば、バーベキューのシメとしても人気の焼きそばやチャーハン、お好み焼きなどは、網の上では調理が難しいですよね。バーベキューを100%楽しむなら、ぜひ鉄板も用意しておきましょう。

同時調理ができる

鉄板があると、同時調理も可能です。エリア分けしていろんな料理を同時に調理することで、洗い物も少なく時短になります。キャンプで朝食を用意するときにもおすすめですよ。定番の目玉焼きやウインナーなども、外で食べるとより美味しく感じられそうですね。

BBQで使う鉄板を選びのポイントは?

鉄板を選ぶときには、どんなポイントを確認すればいいのでしょうか?

鉄板の素材

まずは、鉄板の素材を確認してみましょう。
「鉄板」というくらいなので、素材には「鉄」が使われたものが一般的です。鉄製のものは重いというデメリットがありますが、蓄熱性に優れているので食材を美味しく焼き上げることができます。
「アルミ合金」で作られたものは、温度のムラが出やすいですが、軽いので持ち運びがラクです。
「ステンレス」の鉄板は加熱に時間がかかり、鉄より蓄熱性が低め。しかし、サビに強く簡単にメンテナンスできるところが大きなメリットと言えるでしょう。
素材によって特徴が変わるので、自分に合った素材の鉄板を選んでみてくださいね。

鉄板のサイズ

鉄板のサイズも、しっかり確認しておきたいポイント。
バーベキューコンロとセットになっているものや専用の鉄板であれば心配ありませんが、手持ちのバーベキューコンロに別売りの鉄板を組み合わせて使う場合は、サイズを間違えないようにしましょう。鉄板がコンロより小さいと使えないので、グリルに固定できるものや、グリルよりひと回りぐらい大きめのものを選んでくださいね。

鉄板の厚さ

鉄板の厚さも大切なポイント。鉄板は厚さがあるほど蓄熱性が高く、食材にじっくり火を入れることができます。しかし、厚くなるほど重たくなるので、持ち運びが大変になってしまうことも。
薄いと持ち運びは楽になりますが、蓄熱性が低く、歪みやすくなってしまいます。
市販の鉄板の厚さは2~6mmくらいのものが多いですが、3~4.5mmのものが蓄熱量・重さのバランスがちょうどいいくらいだと言われているので、悩んだときの参考にしてみてくださいね。

正しい鉄板の使い方は?

最後に、鉄板の正しい使い方を紹介します。

1.まずはシーズニング

バーベキューに使う鉄板には、最初にシーズニングというお手入れが必要です。
シーズニングとは、鉄鍋やスキレットなど鉄製のものを使う前に行う作業で、防錆加工剤を落として油膜を作るもの。やり方は、まず鉄板を水で軽く洗い流し、食器用洗剤などの中性洗剤で洗います。水分をふき取ったら、煙が出るまで加熱しましょう。自然に冷ましたら、油を薄く塗って終了です。
シーズニングすることで料理が美味しく、鉄板も長持ちするので、ぜひ使う前にやっておきましょう。

2.鉄板を熱してから食材を焼く

バーベキューで鉄板を使うときは、鉄板を十分に熱してから食材を焼くようにしましょう。しっかり熱されていない状態で焼き始めると、焦げ付きの原因になってしまいます。
鉄板に水を少し垂らして、一気に蒸発するくらい熱されていればOKです。食材をのせる前に、忘れずにチェックしてくださいね。

3.使用後の手入れも忘れずに

鉄板を長く使い続けるために、使用後のメンテナンスもしっかりしておきましょう。
バーベキューで使ったら、まずヘラなどで食材の焦げつきなどを落とし、鉄板の温度が十分に下がってから水洗いします。熱い鉄板に水をかけると、割れる可能性があるので注意してください。また、鉄板を長時間水につけておくのもサビなどの原因になるので控えましょう。
洗った鉄板はすぐに水気をふき取り、煙が出るまで空焼きします。油を薄く塗ったら新聞紙などに包んで保管してくださいね。


バーベキューでは焼き網を使うのもいいですが、鉄板もおすすめです。「食材を美味しく調理したい」「バーベキュー料理のレパートリーを増やしたい」という人にもぴったりですよ。
鉄板はいろんなアウトドアメーカーから登場しているので、ぜひお好みのものを探してみてくださいね。

Copyright 大阪のレンタルバーベキューならBBQなう